現在の株価水準は割安なのか?定量的な判断だけでなく定性的な判断も必要

現在の株価水準は割安なのか?定量的な判断だけでなく定性的な判断も必要 現在の株価水準は割安なのか?定量的な判断だけでなく定性的な判断も必要 松井の信用評価損益率マイナス17%を超えた。20%を超える頃に追証が発生するイメージである。それを考えると今日の下げはまだ足りない。明日も続落するようであれば怒涛の売りが待っている気がする。

人間は上がったら売り、下がったら買いたがる生き物だ。アベノミクスの初動では空売りを仕掛て損失を被るトレーダーを知っている。その後、高値ブレイクの順張りは効き易い相場に変貌。下がれば1日我慢すれば戻るといった押し目買いが数日前までは効いていた。

巷では割安水準だから買い時との見方がある。人によっては正に買い時と思えば存分に買えばいいと思う。問題は期間を設定いるかだ。明日・数週間・数年としっかり自分の中で単位を決めておくなら良い。大きく下がったから買う・いつか戻ると思ってトレードしているようなら退場を余儀なくされるだろう。

割安・割高の判断は定量・定性の両方の判断が必要だと自分は思っている。現在から数ヶ月・数年後も日本企業が成長するなら今は割安かもしれない。しかし、来年以降景気が減速すれば今の水準は割高になるかもしれない。

そこまで判断できなくても一定期間実需が存在することを認知するだけでも今後のリターンは変わってくるだろう。

数年に1度のボラが今起きている。今、相場を見ないでいつ見るんだ?

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

150824g
本日の売買銘柄数29
目標15銘柄
先月の平均売買銘柄数26

寄付き反発狙いで複数銘柄仕込むも動きが鈍いので撤退。
後場よりも同じく仕掛け、結局売りから入ればよかったが後の祭り

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ