指数の重みを軽く見た当然の連敗、調整圏内での高ボラ相場に対応せねば!

指数の重みを軽く見た当然の連敗、調整圏内での高ボラ相場に対応せねば! 指数の重みを軽く見た当然の連敗、調整圏内での高ボラ相場に対応せねば!
今日もマイナスとなった。2日連続は数ヶ月ぶり。指数全体の動きを甘くみた結果である。
成長過程でのつまづき、もう一度シナリオを組みなおす。

全体のボラティリティが高いときは時価総額の小さい銘柄でも全体の動きに相関されやすい。大型株であればなお更の事だ。日経先物とは無縁だった、新興市場株も日中足が日経先物と同じ動きをしている銘柄が多いはずだ。

いい感じで上昇或いは下落している銘柄も全体が急激な動きを見せると短期筋が慌てて投げてくる。全員が先物を見ているときはとにかく動きが敏感なので、短期の歪みを取るのも良いと思う。

全体に吊られて短期筋が慌てて反対売買した際の逆張りや本当に実需で動いている銘柄を選ぶ。上昇相場から始めた人は定量分析しただけだと腑に落ちないと思うかもしれない。

頭で考えるだけでなく取りあえずトレードして感覚を確かめたほうが良い。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ