日経大幅安の最中、絶好の突っ込み買い銘柄を発見も安値で投げる

日経大幅安の最中、絶好の突っ込み買い銘柄を発見も安値で投げる
今日は自分のミスで大きな利益を逃してしまった。6762TDKが通信技術企業のクアルコムと合弁会社を設立に関して企業から発表された。

発表内容によるとTDKの売上の10%に寄与している完全子会社の持分の過半数をクアルコムの子会社に譲渡するという事が書かれていた。

成長と競争が激しいスマートフォン分野で先手を取る為、先駆者でない限り同様の技術を競合企業は持っているのでシェアを奪われない為に考えられた合弁であろう。

このIRで一番気になった記事は譲渡する分野の価値である。譲渡に関わる費用などを含めておよそ3600億円にあたる。これはTDKにとって大きな金額だと判断。

NYが大幅下落したにも関わらず、ADRを確認すると他の銘柄が大幅安の中TDKは3%上昇している。寄り付きは全体同様にギャップダウンで始まる気配だったので寄付きから買いを入れた。

そして、寄付き後プラスになったのでさらに買いを入れたがすぐにマイナス転換してしまった。通常であれば値幅を考慮して玉数を調整するのだが気合を入れて買った為、含み損が大きくなってしまいあえなく損切り。

その後は順調に切り返しプラスを維持して終了と何とも情けない。
上昇する銘柄を手に入れてやり方によっては儲からないない典型的なトレードしてしまった。読者は真似しないように。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ