個人投資家の差異は今後さらに縮まっていく、それまでに先手を打つ

個人投資家の差異は今後さらに縮まっていく、それまでに先手を打つ
先週金曜日、第三回講義を配信。自身の失敗トレードを含めて、出し惜しみなく受講者に伝えた。
相場は人が動かしているものであり、自分より先に情報を手に入れている投資家はいくらでもいるという事を理解して頂けたと思う。

プロから見て個人投資家は情報弱者だと思う。この差異があるからこそ、プロが生き残っていけると思う。では今後もこの差が埋まらないかとそうでもないと思う。

職に就いた時点で全ての環境が整っているから、その価値をわからず使っている事もある。
それに比べ個人投資家は自分に何が足らなくて何が欲しいのか死ぬ気で考えていると思う。
そして、業種は違えどもかなりエキスパートであればプロをも凌ぐトレードエッジを得ることは可能だと思っている。
だからこそ、ここで満足してはならないのだ!日々、情報が無料となっていく。そして、ニュースソースが統一化され、だれでも気軽に加工して売買できるようになった事を考えるともう今の環境じゃやっていけなくなると思う。

後からやるじゃもう手遅れになる。思い立ったらすぐ行動に移そう!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ