調子が悪くなったらトレードスタイルを変える、調子を落とした原因を放置すれば退場!

調子が悪くなったらトレードスタイルを変える、調子を落とした原因を放置すれば退場! トレードスタイルを変えても調子が悪くなった原因がわからないと行き着く場所は退場
前日の騰落ランキングをチェックして、値動き•チャートの形状を確認してデイトレをやる方法。
予め監視している銘柄のみで値動きとチャートを確認するやり方がある。
以上は株価データを重視するやり方。自分はNEWSの反応度を基準に売買をやることが多い。
どのやり方でも上手く行く時もあれば全く儲からない時もある。

一番やってはいけないと思うのが根拠もなく、トレードスタイルを変える事だ。
少し調子が悪かったら違うスタイルで売買する。それの何が問題かというと悪くなった理由がわからないことである。
相場環境なのか?市場その物のルールが変わったのか?本来は調べる必要がある。

しかし、スタイルを変えるとメリットもある。それは心理的にリラックスした状態から始めるなことができる。
知らなかった切り口が生まれるかもしれない。だが、上手くいかなかったらまたスタイルを変えることになる。
それを繰り返し儲け続ける事が出来るならいいが相場はそんなに甘くない。

究極をいえば市場は変化していないのに自分自身のスタイルが固定されていないことで調子を落としている可能性がある。
現在の相場環境は悪くない。もしそれでもうまくいかないのなら、まずはトレードスタイルを確認する必要がある。
エッジは何か?そして弱点は何か?自分で分析してみると良い。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ