トレードは良くも悪くも自分自身の判断に左右される事を自覚する

150923_2 150923_m
トレーダーは全ての決断を自分自身で行わなくてはならない。シストレはあくまで自身で考えた事を計算して実行手前まで準備するものなので実行するのはやはり自分自身。

相場変動・個別銘柄動向で期待値の高いものに投機するかしないかで長期的に考えると積み重ねた利益の差は大きい。仕事してのトレードは毎日儲かる保証はない。だから稼げる時に稼ぐことが大事だと思う。

毎日、儲かりだすと「どんな相場でもいけるのでは?」と勘違いしてしまうときがある。そんな事は決してないと思いながらも。これはたぶん理想にすぎない。毎日確実に儲けたい気持ちは変わりない。なにより生活が安定するからだ!だから毎日、画面に噛り付いている面もある。

どうやったら負けないようにするか?毎日それを意識してトレードを行っている。結果的にそれを今は体験できている。しかし、毎日の収支履歴を見て不安なのが期待値の低さである。今はトータルで勝ちを拾っているが今後も同じ事が続く保証はない。

自分ですべき課題・それに対するリスクはわかっているつもりだ。後は自分自身が判断してやるだけだ。

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ