サプライズが起きてからの値動きを予測する方法①

サプライズが起きてからの値動きを予測する方法① サプライズが起きてからの値動きを予測する方法①
株価が今後どうなるかは誰もわからない。数秒先すら読めないのに数ヶ月、数年なんてどうやって予測するのだろうか?
しかし、ある程度自分の中で値動きを予測する事は非常に大事だと思っている。
日本株は海外要因に動かされる事が頻繁にある。米国が下がれば翌日の日本株が下がる。

定量・定性関係なくこの事は株をやっていれば大体わかっている事。であれば米国が下がる事がわかれば225先物を前日に売れば良いのである。そんな事が可能だろうか?

普通に考えれば無理である。であれば下がった後、物事が起きてからの振る舞いを予測する事は可能ではないかと自分は考えた。
最初は変化率で大きさで考えてみた。大きい程、反発力は強くなる。統計をとればわかるだろう。しかし、それだけだと必ず退場させられる。

だから、どんなイベントが発生して下落したのか?を過去のデータを元に検証した。
サプライズが起きての第一段階か?それともサプライズの延長なのかを出来る限り調べた。
そうすると少しだけ同じ事象の物が出てくる。そして株価パターンも同じものが。

最初は面倒くさいものだが、わかってくると楽しくて検証がとまらなくなる。
検証のコツとしては最初は先物から始めた方がサンプルが少なくてやりやすい。

これで全体の流れを掴んだ後に個別銘柄を調べると更なる発見があるのだ。

続く

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ