1部昇格予想 制度変更で期待値があがる

東証1部昇格の予測時期が難しくなってきた。

これも2013年に東証と大証が統合されたのが原因だ。
特にJASDAQ・マザーズ市場は予測が難しい。

予測時期がわかれば昇格アナウンス日までに仕込んで昇格発表翌日で売ることができた。

この予測が困難になってしまい、事前に仕込む投資家が少なくなり上昇トレンドが形成されなくなった。
それは大事なエッジがひとつなくなったことを意味する。
過去の昇格銘柄をかき集め検証した時の喜びは忘れない。
まあゲームのルールが変わってしまったので止むを得ない。

しかし、組み入れ日のエッジはなくなっていない。むしろ期待値が増す可能性がある。

事前に予測出来ないので仕込めないので株価にしこりがないのだ。
最近、昇格アナウンスされストップ高まで買われる銘柄が散見される。

その原因は制度変更のが関わっているのではないか?
皆さんはどうお考えだろう。

2013年度以降の検証をすれば、新しい気づきがみつかもしれない。

過去一覧はこちら

>>>予想
>>>思考
>>>技術

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ