ニッセンTOBを逆張り勝負で挑んだ、踏みを恐れ少額ながら勝利を手にする

昨日、ニッセン株を安値で買い戻しが成功。
セブン&アイによるニッセンTOBの観測記事が日経新聞より報道された。

プレミアム価格が新聞記事には書かれていなかったが、「TOB」というキーワードは強いポジティブサプライズを連想させる。

大抵はそのとおり買いから入っていいのだが、念のため業績を見るようにしている。
ニッセンは通販カタログを主な売り上げとしているが、他のライバルによって窮地場面にさらされている。

それは直近の業績を見れば一目でわかる。連続で最終利益が赤字となっており、キャッシュフローが激減している。

かぶたんニッセン業績 (参照グラフ:かぶたんニュース)

株価もそれに連動して二桁に落ち込んでいた。それにも関わらず翌日は買い気配となり、ストップ高まで買いあがった。
どう見てもプレミアム価格はつかないと見てストップ高まで売った。
自信はあったのだが正式発表がなければ、さらに上に行く可能性があったからだ。

結果はご覧のとおり、統合比率セブン&アイを1としてニッセンは0.015に決定。
8月2日のセブン&アイの終値4267円から換算するとニッセン株のTOB価格は64円となった。

自分は65円で全て買い戻し、利益確保となった。
考え通りに実行できた事で、次につながるいいトレードになった。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ