業績予想は何を参考に?四季報派・会社派・自分派

四季報CDダウンロード版四季報CDROMはヤフオク転売でコスパはいいが面倒なので最近はダウンロード版を購入している。
決算数字をデータベース化すれば不必要になるのだがまだそこまでのパワーがない。)

四季報が本日発売、どんな企業が上場しているのか調べるのに持って来いの本だ。
長期投資を謳いながらも、短期志向のコメントが満載なのが特徴だ。

小型株中心の決算トレードをやるようになったので改めて、気付かされたのは四季報バイアスに掛っているプレイヤーがかなりいる気がする。

昔から四季報の予想数字に関連するトレード手法など出回っているが、好調な相場と時価総額が小さくなるほど良くも悪くも四季報バイアスが効いていると感じられる。

自分自身は投機として業績予想を見ている、その数字を妄信してトレンドが築いているときに一定の水準で利食いしたりするからだ。流行りのテーマなどがついていればなおよい。

四季報の数字を参考にするのは悪くないが、やはり自分自身で業績予想をできれば四季報・会社予想で動く株価に惑わされず、ポジションが取れると思う。

予想数字に関して言えば、前半控えめに後半上方修正が多数を占める。最初から強気をだすと損した投資家からの苦情が多くなるからだそうだ。

株式投資は自己責任なのにこれが現実である。

追伸
9月11日郵政が売出しを発表と予定通りであったが、見事なギャップアップ!
会社にオーバナイト金額をドヤ顔で積んでもらったのに、これで信用度が一歩後退しました。

幸いにも寄りで買い戻し、この日は今月ロングのポジションの含み益を吹き飛ばす結果となりました。さらにずっとダブルインバースを買っていたがど天井で買い戻す羽目になりました。

お願いですから↓には行かないで

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説
>>>挑戦長期投資

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ